Progateのrailsコースは難しい!入門レベルと思い込み挫折しかけた話

悩んでる人
  • 今まさにProgateのrailsコースをやってるけど、意外にむずくて挫折しそう…。
  • 入門レベルのProgateが理解できないなんて、自分もしかしてプログラミングの才能ない説?
  • どうやったらProgateのrailsコース完走できるの?

そんな悩めるプログラミング初心者のお悩みを解決します。

りょうま
こんにちは。
おかえりブロガーのりょうまです。

現在の僕はプログラミングをはじめて2ヶ月目。これまでやってきた学習は、

  • Progate railsコース:3周
  • Progateその他コース:2周
  • Udemy rails学習動画:1周
  • railsチュートリアル:2周

などなど。これからオリジナルアプリをぼちぼち作ろうかなーというレベルです。

今でこそrailsの基礎を理解し、プログラミングが楽しくなってきた僕ですが、Progateを始めて1周目の頃はガチで挫折寸前でした。

Progate railsコース1周目の僕↓

りょうま
まあ、Progateは入門レベルだし、3日もあれば余裕で終わるでしょ。

その他のコースは簡単だったし、そもそも解説が分かりやすいからヌルゲー。

railsコースⅤぐらいの僕↓

りょうま
え??情報量多すぎだろ…。理解が追いつかない…。

railsコースⅨぐらいの僕↓

りょうま
ぱらむす?せっしょん?ろぐいん?

Progateすら理解できないワイ、プログラミングの才能ない説農耕。

オワタ….ちーん。

こんな感じです。

結論から言うと、Progateのrailsコースを完全に舐めきっていました。

それゆえに、理解できない自分に焦りが生じ、挫折寸前まで追い込まれる。かなりの愚か者でしたね。

はっきり言わせてもらいます。

Progateのrailsコースは普通にむずいです!!他のコースと同じノリで進めると確実に足元をすくわれます。

今回の記事では、Progateのrailsコースを完全に舐めて挫折しかけた僕の失敗談を踏まえながら、

  • Progateを進める際の心得
  • 完走するためのコツ

の2点をお伝えしたいと思います。

これからrailsコースを始める方、今まさにrailsコースをやっていて挫折しそうな方の助けになれば幸いです。

りょうま
所要時間は3分です。それでは早速みていきましょう!

Progateのrailsコースは普通に難しい。舐めたらあかん。

改めて申し上げます。

Progateのrailsコースは普通に難しいです。舐めてかかったら足元をすくわれます。

大学時代にプログラミング(JavaとC++)をかじっていた僕でもかなり苦労したので、まったくのプログラミング初心者にとってはかなりキツいんじゃないかなと思います。

難しさを見える化するために、僕が完走したProgateのコースを10段階で表してみます。ちなみに道場コースまで終わらせてます。

りょうま
完全に僕の体感ですので参考程度におさめてください(笑)
HTML&CSSコース 6
Rubyコース 5
Javascriptコース 6
Gitコース 2
SQLコース 7
コマンドラインコース 2
Ruby on railsコース 9

こんな感じですね。

見てのとおり、railsコースは頭一つ抜けて難しい&ボリューミーでした。

さらにぶっちゃけると、11レッスンあるうちの6、7個目ぐらいで半挫折をしています。具体的には、いったんProgateを辞めてUdemyの動画やその他サイトに逃げる状態ですね。

ここで述べたい教訓はただ1つ。

Progateのrailsコースはそれなりにボリューミーで難しいので少々分からなくても凹む必要はないよ。

ってこと。

難しいことを受け止めて、超えていく工夫をしていけば大丈夫です。

りょうま
まずは、Progateすらできない自分を攻めるのは辞めましょう。

僕がProgateのrailsコースを挫折しかけた理由

それではなぜ僕がProgateのrailsコースを挫折しそうになったのか?

コース自体のレベルも高いですが、僕自身にも問題があったので反省ポイントを3つ挙げていきます。

他のコースと同じように接していた。

1つ目の理由は、railsコースをその他コースと同じように接していたから。

これはrailsチュートリアルを進めていく中で知ったことですが、Progateはrailsコースがメインコンテンツらしく。ボリューム、質、レベルどれをとっても頭一つ抜けて作られています。

railsコースを作るためにProgateを作ったといっても過言ではありません。だから、railsコースを攻略するには時間と労力がそれなりにかかるわけです。

それにも関わらず、何も知らない僕はrailsコースをone of themして同等に扱っていたんです。

するとどうなるか?

あれ?他のコースは数時間で終わっていたのに、railsコースはやけに時間かかるな?

初見で理解できないし、意味不ワードが増えてきた。なにかおかしい…。

と焦ってくるわけです。だって他のコースは簡単ですぐに終わったんだもの。

そもそもProgateの全コースを並列で捉えていたのが、挫折しかけた1つの要因でした。

計画の立て方が甘すぎた。1日じゃ無理っす。

2つ目の理由は、計画の立て方が甘すぎたことです。

僕はrailsコースを無謀にも1日で終わらせる計画を立てていました。なぜなら、その他のコースは数時間、長くても1日あれば終わっていたから。

Progateを終わらせた人なら分かると思いますが、この計画はあまりにも無謀です。

無謀さを実証するために、各コースのレッスン数をお見せします。

HTML&CSSコース 6
Rubyコース 5
Javascriptコース 7
Gitコース 1
SQLコース 4
コマンドラインコース 1
Ruby on railsコース 15

これだけでもrailsコースがボリューミーであることは火をみるより明らかです。

それだけではありません。

1レッスンがさらに章で分けられており、railsコースのレッスンの多くは10~15章構成。

ひとことでいうと、

railsコースのボリュームはえぐい。

だから、1日で終わるだろうと舐めてかかった僕は惨敗したわけです。なかには1レッスンで5時間かかることもありました。

無謀な計画を立てても、それを実現できない自分に嫌気がさして挫折するだけです。

それなりに時間があるひとは2週間、時間の取れないサラリーマンは1ヶ月ぐらいを目安に進めていくと丁度いいかなと思います。

りょうま
 計画は優しめに立てましょう。

1周目から全力でやり過ぎた。

挫折しかけた理由その3。

1周目から完璧を求めて全力でやり過ぎた。

僕は自信のブログで反復学習法を提唱しているにも関わらず、Progateを1周目から全力で取り組んでいました。

  • コードはすべて手打ち。
  • 道場コースも全部やる。
  • 細部まで完璧な理解をもとめる。

こんなの挫折するに決まっています。

分からないことはGoogleで逐一調べ、道場コースも完全に自力でやりきろうとする。結果、原因不明のエラーが出まくって激萎えし、さじを投げる。

100点主義の愚かな末路です。

どんな学習を進めるにおいても1周目の挫折率が最も高い。

だからこそ、1周目はもっと適当にやってよかったなって強く感じました。

Progateのrailsコースを完走するコツ

これまで僕が挫折しかけた理由を3つお話しました。ここから、Progateのrailsコースを完走するコツが見えてくるかと思います。

挫折することなくrailsコースをやりきるコツは以下の3つです。

  1. railsコースは難しいという前提を持つ
  2. 1周目はコピペでOK!とにかく1周やりきる!
  3. 短期間で集中しておわらせる。

1つずつ見ていきます。

railsコースは難しいという前提を持つ

何度もしつこく言ってきましたが、一番のポイントはProgateは簡単という前提を変えること。

現在、至るところにプログラミングの学習記事があります。この記事もその1つです。

そして、ほぼすべての記事で共通して言われるのは、

  • Progateは入門者におすすめ!
  • とりあえずProgateをやろう!
  • Progateをやれば脱初心者!

このあたりかと思います。

これらの主張は確実に正しいです。なにも間違っていません。

しかし、あまりにもこの前提が蔓延しすぎており、Progateは簡単なんだと解釈する人が多いのではないかと思っています。

りょうま
現に僕もそうでした。
プログラミングは楽しい!簡単だ!と思うのは重要ですが、あまりにも強固な盲信は挫折の種となります。

たとえば、小学生でもできると言われている問題を解けなかったら凹みますよね?

一方で、東大生でも正答率20%という問題であれば多少できなくても凹まないと思います。

それと同じで、

Progateは分かりやすくて入門者にとっては神サイトだけど、railsコースは少し難しいから頑張らないと。

という前提であれば挫折することなく進めるはずです。

りょうま
挫折しないために。まずは前提を変えておきましょう。

1周目はコピペでOK!とにかく1周やりきる。

挫折しないコツ2つ目。

1周目はコピペでもいいからとにかく1周やりきる!

理由はシンプル。挫折しないためです。

プログラミング学習において1番の壁は挫折。その挫折は完璧主義からやってきます。

あれも理解しないと、これもやっとかないと。とあれこれ気にしすぎて、気づけばほとんど進んでない。

結果、やる気が消失し手を動かすのを止めてしまう。

このケースだけは避けなければなりません。

だったらやることは簡単で、答えをコピペしてもいいからとにかく1周やりきる。これに尽きます。

形式はどうであれ、1周すれば世界が違って見えます。なぜなら全体像がぼんやりと分かってくるから。

たとえば、地図も何も持たずに知らない道を歩くのは不安ですが、Google mapをもって、自分が全体の中でどこにいるのか分かれば不安はなくなりますよね?

それと同じで、1周すれば、出会うコードやメソッドが全体のなかでどんな役割を持ってくるのかがはっきりと分かるわけです。当然理解度もたかくなります。

僕はrailsコースをレッスン5ぐらいで激萎えし、いったん離れました。その後、紆余曲折してProgateに戻り、コピペ作戦を貫きました。

するとどうでしょうか?

理解度はどうであれ、爆速(1日)で1周し、とてつもない達成感を得ることができました。

その後はヌルゲーです。1周おわったという安心感のもと、じっくり腰をすえて理解することができました。

受験時の参考書学習でも同じことが言えますが、1周やりきったという達成感は思いのほかデカいです。経験からやってくる強固な自信を得られます。

だからこそ、コピペでも何でもとにかく1周やりきることにフォーカスすることが重要なわけです。

りょうま
解答のコピペは悪という思い込みを捨て、爆速で1周まわしきりましょう!

短期間で集中して終わらせる。

Progateをやるならできるだけ短期間でまわすのがベストです。

理由は先ほどと同じで、挫折率ががクンと下がるから。

時間をかけてじっくりやるのもいいですが、投入した日数に対して進捗がいまいちだとモチベーションは下がり続けます。

1ヶ月やってるのにまだこれだけしか進んでないのか…。

のように。加えて、時間があくと、また1から復習しなければならず効率も悪いです。

だからこそ、railsコースの1周目は、ある程度時間の取れる日に集中して終わらせましょう。

りょうま
コピペで進めれば2日で終わりますよ!

Progateのrailsコースは神。完走すればかなりの力がつく!

最後に、Progateの効力について語って終わります。

完走してすぐには感じませんでしたが、Progateのrailsコースはただただ神です。

入門レベルといって舐めてはいけません。

現在、レベルの高いrailsチュートリアルを進めてますが、やってることはProgateとほぼ同じ。

  • MVCの理解
  • 開発の流れ
  • データベースの連携
  • ログイン機能の実装

などなど、重要項目はしっかり網羅してあります。むしろ、Progateの方が体系的な理解ができるのでより優秀かもしれません。

だからこそ、Progateで得られる効力を信じ切ってください。

入門レベルだから、Progateを終えたところでまだまだ。

と思うのではなく、

Progateをしっかりやり込めば、次に何をしようとも盤石な基礎を築ける!
と思い込みましょう。

そうすれば、挫折しそうなときでも全力のあと1歩を踏み出せるはずです。

僕もまだまだ初級者ですが、同じ道を歩むProgaterが増えることを願っております。

りょうま
最後までお読みいただきありがとうございました。

まとめ

本記事の主張
Progateのrailsコースは意外に難しい!

だからこそ…、

  • できなくても凹まなくていい。
  • 前提を変えて、本腰すえて挑もう!

railsコースを挫折せず完走するには、

  1. railsコースは難しいという前提を持つ
  2. 1周目はコピペでOK!とにかく1周やりきる!
  3. 短期間で集中しておわらせる。
結論:Progateのrailsコースはまじで神

あらゆる願望を実現!Gメソッド100日体感プログラム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です