留学は1ヶ月でも絶対に行くべき!【モチベが爆上がりします】

悩んでる人
  • 長期休みを使って留学に挑戦してみたい!
  • でも1ヶ月の留学で本当に効果があるのか不安。
  • 留学に行って何も成長できなかったらどうしよう…

あなたは今そんなことを考えていませんか?

もし1ヶ月という時間が作れるなら絶対に留学に行くべきです。たかが1ヶ月と侮って留学に行かずアルバイトをしていたら、永遠に英語を話せる未来は永遠に手に入りません。

りょうま
こんにちは。りょうまです。
僕は大学4年時に3ヶ月のフィリピン留学に行き、英語力を大幅にupすることができました。ですので、留学の効果は誰よりも実感しています。

1ヶ月の留学って短いだけに本当に成果を出せるのか、不安になりますよね。

分かります。高いお金を払って何も得られなかったら恥ずかしくしょうがない。行く前は誰だってそんな不安を持つものです。

結論からいうと1ヶ月の留学でも十分な効果を残すことは可能。いや、むしろ短い方がマンネリ化が起こらないので非常に有意義な留学を実現できるんです!

もちろん3ヶ月、1年の留学と比較するとパワーは弱まるかもしれません。しかし、英語を話すためにもっとも重要な「ある要素」を手に入れるには1ヶ月で充分なのです。

今回の記事では、

  • 1ヶ月のフィリピン留学で期待される効果?
  • 効果を最大に高めるコツ

についてお伝えします。

この記事を読めば、「1ヶ月の留学も全然ありじゃん!」と自信を持ってもらえるはずです。

りょうま
この記事を読むのにかかる時間は3分です。それでは早速みていきましょう!

1ヶ月の留学でも効果はあるの?答えはYES

はじめに、1ヶ月の留学で効果が出るのか?という疑問に対して。

答えは圧倒的にYES!迷ってる暇があったら1ヶ月でも行った方が100倍マシです。

なぜなら、短期間でも留学を経験しておくことで根拠のともなった自信を得られるから。この経験というのがとてつもなくデカいんです。

 

僕の過去をお話しすると、留学に行く前は

 Can you speak English?

が言えないぐらい英語が苦手でした。

熾烈な大学受験を闘ったので知識の引き出しだけはある状態。それにもかかわらず、いざ外国人を前にすると1ワードも出てこない。

どうせ自分の英語なんて伝わらないだろう。

そう思い込んでいました。なぜなら海外に行ったことも外国人と話したこともなかったから。圧倒的に経験がなかったわけです。

しかし、実際にフィリピン留学に行ってどうなったか?

なんと、1ヶ月経過した時点で英語を話すブロックが完全に外れたんです!

ソロもん
外国人とでもコミュニケーションが取れるんだ!英語ってすごい!!

まさにこんな状態でした。1ヶ月で何が変わったのか?

語彙力やリスニング力はほとんど変わっていません。1ヶ月でそこまでの成長は期待できないでしょう。

変わったことはたった1つ。

英語が伝わったという経験です。

英語で自分の気持ちを伝えてうまく伝わった!心が通じあえて嬉しい♬

そのような経験を得られたからこそ根拠のある自信が芽生えてきました。

結果として、もっともっと英語を話せるようになって深くまで心を通じ合いたい!という生きたモチベーションを得ることができたんです。

つまり、1ヶ月で得られた成果とはずばり、

経験をともなった根拠のある自信

これですね。「根拠のある自信」を本記事の最重要キーワードとして覚えておいてください。

ぶっちゃけ勇気さえあれば英語は話せます。だから1ヶ月の留学でも十分なんです!

僕は現在、英語を使ってバリバリ働いています。英語を自由に話せるようになった今だからこそ感じていることがあります。

それは、

ぶっちゃけ勇気さえあれば英語は話せる

ということ。

僕はよく、英語をバク転のようなものだと例えています。


みなさんはバク転をすることができますか?

一部のジャニーズを除いて、ほとんどの方がNOと答えるはず。それでは、なぜ私たちはバク転をできないのでしょうか?

理由は簡単で、やったことがないからです。

ピッコロ
なんじゃそのふざけた理由は!
嘘だと思うかもしれませんが、バク転って勇気さえあれば簡単らしく。運動神経や体操経験の有無はまったく関係ないらしいです。

恐怖を乗り越えて身体を思いっきり後ろに投げることさえできれば、あとは勝手にクルっと回れる。

つまり、自分は回れるんだ!という自信こそが後ろに身を投げる勇気を与えてくれるのです。

英語についても全く同じことが言えます。

話したことがないから話せない。

ただそれだけの話。

だったらどうすればいいか?簡単ですね。

1ヶ月でも2か月でもとにかく留学に行き、英語を話したことがあるという経験を無理やりでも作ってしまえばいいわけです。経験からくる自信ほど破壊力のあるものはありません。

一度彼女ができた男性が急に自信を持ち始めるのと同じ原理といえるでしょう。

ピッコロ
うわっ、大学1年ぐらいで大量発生する一番やっかいな生き物やん。
a
このように、やったことがある。というだけで人は何でもできるようになるわけです。

ソロもん
下ネタじゃありませえんよ?
経験さえ作れば勇気が出て英語を話せるようになる。

これが英語を話せるようになって感じたもっとも重要な要素です。

1ヶ月の留学で目指すべきは経験の積み上げ

ここまで話せば1ヶ月のような短期留学で目指すべきゴールが明確に見えてくるはずです。

1ヶ月の留学でやるべきこと。

それはずばり、経験の積み上げです。

具体的には、自分の英語が相手の心に響いて通じ合えたという経験。

会話の内容は何でも構いません。

  • 趣味、好きなこと
  • 生い立ち
  • 恋愛
  • 自国の文化

自分の得意分野でとにかく相手に伝えてみてください。そして、相手のバックグランドに興味を持ってたくさん聞いてください。

その1ラリー1ラリーが経験という大きな財産になり、将来のあなたに圧倒的な自信とモチベーションを与えてくれるのです。

ポイントは目標を1つに絞ること。

  • スピーキング
  • 発音の矯正
  • 資格試験

など、あれもこれも手を出すのは最悪です。短期間で身につけるのには限界があります。

それなら、経験を積み上げることだけに集中し、心が通じ合えた嬉しい気持ちをたくさん持ち帰ってください。

それが1ヶ月の短期留学でやるべきことです。

まとめ:留学は1ヶ月でも絶対に行くべし!

りょうま
以上、1ヶ月の留学で得られる効果、および目指すべきゴールについてお伝えしました。

結論として、1ヶ月という短期間であっても留学の効果は絶大です。

なぜなら根拠のある自信を得られるから。これされあれば英語を話す勇気が出て、爆速で上達させることができるのです。

時間が短いというのはただの言い訳にすぎません。

1年留学して英語力がほとんどつかない人もいれば、

たったの1ヶ月で圧倒的な自信を身につけて、凄まじいスピードで上達する人もいます。

大切なのはただ1つ。心が通じ合えたという経験です。

この貴重な経験を得るためにもぜひ留学に挑戦してみてください。英語上達のスピードが圧倒的に早くなることをここにお約束します。

りょうま
最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事:こちらの記事も読まれています

フィリピン留学の期間別(4・8・12週間)の効果とおすすめの滞在期間

TOEIC530点の僕が4ヶ月で930点を取った勉強手順まとめ【再現性あり】

全人類が知っておくべき英語力と年収の関係【2倍稼げます】


あらゆる願望を実現!Gメソッド100日体感プログラム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です