問題集は7回解け!効率良くシンプルに成績を上げる最強の勉強法!

7周勉強法
悩める高校生
  • 学校の授業が分かりづらいから問題集で勉強してるけど、難しくて挫折してしまう…
  • そもそも、問題集の進め方が分からない
  • とはいえ、塾に通うのは面倒なのでなんとか問題集だけで成績を上げたい。

そんな悩める高校生に向けて書いた記事です。

りょうま
こんにちは。りょうまです。

この記事を書いている僕は、生粋のド田舎育ち。近くにまともな塾がなかったため、完全参考書オンリーで勉強し、大阪大学の工学部に現役合格を果たしました。

高校3年間のすべてを勉強法の研究に捧げてきたので、問題集の使い方にはかなり詳しいと自負しています。

本シリーズでは、僕が高校2年生のときに確立して10年以上も結果を出し続けている反復勉強法についてお伝えします。

結論からいうと、最強の勉強法は問題集を7周とく!これだけです。7周まわすことができれば、どんなに理解力がなくても偏差値15upはかたいです。

え?それだけ?と思ったかもしれませんが、普通にやろうとしても1800%挫折します。7周どころか、まともに1周するのも難しいはずです。

僕が力を入れたのは、どうすれば挫折することなく問題集を反復できるのか?

問題集を進めるときに挫折しやすいポイントを徹底的に研究し、モチベ―ションを高く保ったまま反復学習ができる方法を開発しました。

正しい進め方を知らなければ、どれだけ良い問題集を見つけても絶対に成績はあがりません。大切なのはどんな問題集を使うか?ではなく、どうやって問題集を使うか?なんです。

本シリーズを読めば、これまで挫折を繰り返していた問題集コレクターも確実に成績を上げられるようになります。

1つの記事でまとめようとしましたが、どうしてもボリュームが多く、5記事になってしまいました。

それぐらい本気で書いた最強の勉強法ですので、ぜひ最後までお読みいただき、他を圧倒するような結果を残してほしいです。

ソロもん
それでは7周勉強法をいっしょにマスターしていきましょう!

最強の勉強法はこれだ!

最強の勉強法とはずばり、問題集を7周とく反復学習法です。

シンプルかつ最強の7周勉強法

ピッコロ
ソロもん先生!7周やるだけで成績があがるとは到底思えないんですが、ほんとに効果あるんですか??

 

ソロもん
じゃあ聞くけど、ピッコロ君は問題集を7周解いたことはあるかい?
ピッコロ
7周どころか、1周すらちゃんと解いたことないかもしれません。

 

ソロもん
でしょ?どうせ2、3問解いて「これは俺には合わない」とか言って本棚のコレクションにしるんじゃないの?
ピッコロ
ぎくっ…。

 

ソロもん
どうせ、新しい問題集に答えを求めて浮気を繰り返してるんじゃないの?
ピッコロ
ぎくっぎくっ…。

 

ソロもん
仮に一冊解いたとしても分かった気になって次の問題集に乗り換えてるんじゃないの?
ピッコロ
ぎくぎくぎくっ…。

見てください。これが現実です。ピッコロだけじゃなく、ほとんどの方がこのパターンに陥っているのではないでしょうか?

効果が出なければ問題集の質を疑う。自分に合った問題集を探し続けて大量の時間とお金を無駄にする。

はっきり言います。

どれだけ良い問題集を探し当てても7周解かなければ結果は出ません。反対に、どの問題集であっても7周解けば、偏差値は爆上がりします。

効果が出る勉強法というのは常にシンプルです。シンプルで簡単ですが、決してラクなやり方ではありません。

ソロもん
ラクして成績を上げる方法を探している人は時間の無駄ですので他のページをあたってください。

最強の勉強法は残念ながらある程度の労力が必要です。しかし、結果は保証します。

継続さえすれば、誰でも確実に、最短距離で結果を出せる。

それが7周勉強法の威力です。

なぜ7周やる必要があるのか?

ピッコロ
ソロもん先生、7周という数字に意味はあるんですか? 2~3周でも効果が出そうな気がするのですが…。

 

ソロもん
7周はあくまで最大数です。どれだけ勉強が苦手な人でも7周やれば大丈夫という意味で設定しています。元々成績が良く、理解力が高い人は5周でも十分ですね。
ピッコロ
要は繰り返しやり続けることが大事なんですね。

9割の人が問題集の1周目でやめてしまう理由

なんとなくイメージできると思いますが、問題集を7周やれば誰でも偏差値を爆上げできます。

それでは、なぜほとんどの人がここで満足してしまうのか? 理由はおもに2つありまして、

  • 完璧を求めすぎて挫折してしまう。
  • 半分ぐらい解けて満足する。

のどちらかです。

1つ目は完璧主義者が陥りやすいトラップ。あれもこれも理解しなきゃと神経質になり、少しでもできなければ激萎えしてやめてしまう。

日本人に多いタイプなのかなと思います。僕もはじめの頃はそうでした。

2つ目が半分ぐらい正解できて満足しちゃうトラップ。意外にこのトラップに引っかかる人も多く、「5割できたから次に行こ♪」と考えてしまうんですね。

このタイプの人は解けない問題が出てきても、「問題の質が悪い」といって己を省みることがありません。つねに新しい問題を探して解き続けています。

いうなれば、テストは受けまくるのに答え合わせをしないのと同じですね。

ソロもん
1周目で辞めてしまう理由を2パターン挙げました。7周勉強法では両方のパターンを排除するしくみが作られていますのでご安心ください。

7周勉強法はやればやるほど楽になる。

ピッコロ
ソロもん先生。1周やりきるのも大変なのに、7周なんてできる気がしないです。

 

ソロもん
そう感じる君にうれしい事実をお伝えしよう。
ピッコロ
え?なんですか?

 

ソロもん
実は、大変なのは最初の3周だけで、後半はめちゃくちゃ楽ちんなんだ
ピッコロ
な、なんと!!
ソロもん
下の表を見てごらん。これは、各周をまわすのにかかる時間と、到達レベルをまとめたものです。

 

ピッコロ
ふむふむ。たしかにやればやるほど、かかる時間は少なくなってますね!
ソロもん
でしょ?
7周まわすといっても労力は2、3周まわすのとほぼ変わらないんだ。

 

7周勉強法では、周回をこなせばこなすほど、かかる労力と時間は減っていきます。

なぜなら、理解度が進めばいちいち解答すべてを書く必要がなくなってくるからです。

たとえば、数学の問題では

この図形とこの図形で相似を使えば、辺ADの長さが分かる。

ということは、この三角形で余弦定理が使えるようになるから、辺CDも分かり、○○の公式を使えば△AEDの面積も出せる。

と口頭で説明するだけで十分な復習になります。

計算というのは枝葉であって本質ではありません。 成績が上がらない人ほど、細かい計算にこだわりすぎて「頭を使った」時間を過ごせていないということが多々あります。

勉強の本質は解き方のストーリーを作れるようになることです。 それさえできるようになれば、いちいち手を動かす必要はないのです。

ピッコロ
つまり、周回をこなして、理解が深まるほど時間をかけなくて済むようになるというわけですね。
ソロもん
その通り!やればやるほど楽になってくるよ。

 

7周勉強法では、やればやるほど新しい発見がある!

問題集を7周まわすと新しい世界が見えるようになります。

これまで別々に存在していた知識が、周回を通して有機的に繋がっていく感じ。

1周では見えなかったものが2周目に、6周では見えなかったものが7周目に見えるようになるわけです。

&nbsp

ピッコロ
噛めば噛むほどおいしくなるスルメのようなものですね!
ソロもん
そういうこと!(なかなかうまいこと言うやん。)

だからこそ、たったの1、2周で終わるのはもったいないんです。

3周、4周、・・・と繰り返して問題集に隠れている深い味わいをしゃぶりつくしてください。

ピッコロ
これは実践してみないと分からない世界ですね。
ソロもん
そうです。だからこそ実践あるのみ!

僕が7周勉強法を実践して成し遂げたこと

効果を実証するために、7周勉強法を実践して成し遂げたことをご紹介します。

ソロもん
僕の実績になんて1ミリたりとも興味ないと思いますが少しの間お付き合いください(笑)
ピッコロ
鼻ほじほじ。
ソロもん
せめてあくびぐらいで留めろよ…。

問題集だけでTOEIC 930点

TOEICの過去問を7周繰り返して、930点まで伸ばすことができました。

ソロもん
ちなみに、TOEICは990点満点です。

やったことはこの2冊を7周繰り返しただけです。

大阪大学入試物理90%越え

自慢その2。

7周勉強法を貫いて、阪大入試の物理科目で90%以上の点数を取ることができました。偏差値でいうと75ぐらいだと思います。

何度もしつこいですが、やったことは問題集をバカのひとつ覚えに7周解いただけです。

物理に関しては、授業も聞かずにひたすら問題集を解き続けていました。

ソロもん
高校の物理の先生が全世界一分かりにくい先生だったからです。良い子のみんなは、ちゃんと授業は聞きましょう。

ちなみに、僕が使った問題集(参考書)は高校3年間で5冊だけ。

5冊をそれぞれ7周まわすことで、阪大レベルでも余裕で解けるようになったわけです。反復の効果は絶大ですね。

7周勉強法を確立した経緯

ピッコロ
ところで、ソロもん先生はなんでこの7周勉強法を実践しようと思ったのですか?

 

ソロもん
前提として独学で成績を上げたいという気持ちがありました。
ピッコロ
それはなぜ?

 

ソロもん
ど田舎でまともな塾もなく、学校の授業もめちゃくそ分かりにくかったからね。 自分でやるしかないって思ったんです。
ピッコロ
まだまだ田舎と都会で地域格差ってあるんですね…。

 

ソロもん
とりあえず、勉強法に関する本を読み漁りました。おそらく20冊以上読んでいたかな。
ピッコロ
20冊?!

 

ソロもん
うん。読んでは実践して失敗の繰り返し。その中で唯一これだ!と思ったのがこの本でした。

これまで読んできた本はどれもこれも難しくて実践しづらい。それに「人によって結果も変わるんじゃないの?」と思うものばかり。

しかし、この本は違いました。

強調していたことは問題集を反復してひたすら解く。ただそれだけ。しかも、反復する重要性がこれ以上なく分かりやすく書いている。
ソロもん
読んだ瞬間に「これしかない!」と思いました。

それからはバカの1つ覚えに反復学習の実践。来る日も来る日も同じ問題集とにらめっこ。 手あかがついてボロボロになるまで反復しましたね。

ピッコロ
うわあ、地道な努力だなぁ…。それで、成績は上がったのんですか?

 

ソロもん
結果は明白だったよ。

入学時はクラスの中でケツから数えた方が早かったのに、気づけば学年でTOP3に入っていたんだ。

ピッコロ
な、なんと!?

 

ソロもん
結果として無名の進学校から大阪大学に現役で合格することができました。
ピッコロ
塾もない、学校の授業も分かりづらい、でもなんとかして独学で成績を伸ばしたい。

数えきれない試行錯誤の末にこの7周勉強法を編み出すことができたんですね。

 

ソロもん
はい。だからこそ自信をもって一人でも多くの人に伝えたいんです。
ピッコロ
ソロもんさんの熱意伝わりました!(スガシカオのBGM流しとくべきだったかな。 )

7周勉強法は人生までも切り拓く

7周勉強法が活きるのは大学受験だけではありません。

  • TOEICのような資格試験
  • 大学に入ってからの勉強
  • 会社に入ってからの仕事の仕方

など人生におけるすべての場面に活かせる勉強法です。

大人になると、学校の先生のように手取り足取り教えてくれる人はいません。 すべて自分で勉強していかなければいけないのです。

そんなときに頼れるのは自力でレベルアップできる力、すなわち独走力です。

独走力さえ身につけてしまえば、どんなスキルでも独学で実装できます。数十万もかけて高額なスクールに通う必要はなくなるわけです。

独走力を身につけるために、まずは大学受験で成功体験を積み上げましょう!

7周勉強法は、大学受験に留まらず、人生のあらゆる挑戦の土台になって未来を切り開いてくれるでしょう。

ソロもん
最後までお読みいただきありがとうございました。これから一緒に7周勉強法をマスターしていきましょう。

関連記事:こちらの記事も読まれています

記憶容量が100倍に?!イメージを使って暗記する超簡単な方法!

物理の参考書は5冊で十分!絶対に失敗しない王道ルート教えます。

浪人生の持つ4つの不安をかき消して3つのメリットを伝授する。

勉強をするべきたった1つの理由。それは選択肢を増やすため!

【高校生向け】この1記事でスッキリ!確実に力がつく7周勉強法総まとめ編


あらゆる願望を実現!Gメソッド100日体感プログラム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です