【7周勉強法】問題集の2周目はとにかく解答を再現せよ!【伸びます】

departure
悩める高校生
  • いつも問題集を買っては道半ばで放り投げちゃう。
  • 一度でいいから、問題集をやり遂げたい。
  • とはいえ、分からないこと多くて時間かかるし…。

そんな悩める高校生向けに書いた記事です。

りょうま
こんにちは。りょうまです。

この記事を書いている僕は、生粋のド田舎育ち。近くにまともな塾がなかったため、完全参考書オンリーで勉強し、大阪大学の工学部に現役合格を果たしました。

高校3年間のすべてを勉強法の研究に捧げてきたので、問題集の使い方にはかなり詳しいと自負しています。

僕も高校1年の頃は、いろんな問題集を買っては道半ばで飽きて放置というのを繰り返していました。

もちろんそんなやり方で成績が上がるはずもなく…。絶望の果てで苦しんでいましたね。

しかし、反復学習(本ブログでは7周勉強法と呼んでいます)を取り入れたことで理解度が急激に上がり、「手堅く偏差値をあげていくコツ」を掴めるようになりました。

反復学習の威力はすさまじいものがあります。ただ7周やるだけで面白いぐらいに成績があがるのですから。

生きとし生ける高校生は全員「反復学習」をやれ!って言いたいぐらいです。

さて、本記事は7周勉強法シリーズのver2になります。

前回の記事の内容までを理解している前提で書いていきますので、もしまだ見てないという方は、問題集は7回解け!効率良くシンプルに成績を上げる最強の勉強法!からご覧ください。

それでは、7周勉強法の2周目のやり方についてみていきしょう。

問題集の2周目では「解答からの独り立ち」を意識しよう!

departure

問題集の2周目に意識することは、ずばり解答からの独り立ちです。

2周目になると、問題集を一通りやり終えたという達成感により心の負担がかなり軽くなっているでしょう。

1周目で解答手順はひととり見て感動したはずなので、2周目は少しずつゆっくり自分の力で解答を再現していきます。

とはいえ、いきなり満点を取るのは難しいはずです。

何度も言っていますが、「完璧主義は挫折の元」半分できれば上出来♪ぐらいの気持ちでリラックスして取り組んでください。

問題集の2周目を開始するときの状態

2周目をのやり方を詳しく説明する前に、1周目を終えるとにどんな状態になっているのか図で確認しましょう。

ソロもん
もし自分の認識とズレているところがあれば、その都度修正してくださいね。

2周目は初見で解けない問題だけが残る

1周目はできる問題を除去するフィルターの役割だとお伝えしました。

図で言うと、黒の部分が取り除かれています。

つまり、2周目に入るときには”初見で解けない問題だけが集まった問題集“ができあがっています。

ピッコロ
先生、1周目で40%ぐらいしか解けなかったのですが、これってどうですか?
ソロもん
いいあんばいですね。1周目で40%解けたら十分です。 なんといっても初見ですので。
ピッコロ
ほっ、よかった。

問題集のレベルについてよく質問を受けるのでここで回答しておきます。

もし、初見で全体の2割も解答できない場合、その問題集に手を出すのは早すぎます。反対に、8割以上初見で解けたなら、レベルが低すぎます

低い分には構いません。自信をつけて、残り2割の問題を完全に解けるようにしましょう。

しかし、レベルが高すぎる場合、いつまでもにらめっこをするのは時間の無駄です。

すぐさま、ワンランク下の問題集に切り替えましょう。

ピッコロ
かっこつけて、東大レベルの問題集を持ち歩く男がいたんですよぉ~
ソロもん
なぁーにぃー!やっちまったなー!
ソロもん
ってノルわけないだろ。バシっ。
ピッコロ
ちぇっ、相変わらず堅物野郎だ。

とにかく、4~6割ぐらいを解ける問題集がちょうど良いレベルだと言えます。

あまりにも難しい、もしくは簡単な場合、なるべく早めに適切なレベルの問題集に切り替えましょう。

すべての解答プロセスは一読している

1周目を終えれば、すべての問題の解答プロセスを一読できています。

理解ではなく一読で大丈夫です。

ピッコロ
あ、これ見たことある!
と感じられるだけで心の負担は圧倒的に軽くなるからです。

問題集の2周目のまわし方

問題集2周目

2周目開始時点の状態を理解したところで、具体的なやり方についてみていきましょう。

ピッコロ
わくわくっ

問題集の2周目は以下の手順で解いていきます。

  1. 1周目にできなかった問題だけを普通にとく。
  2. 5分考えて分からなければ解答を見る。
  3. 自分の力で解答を再現する。
  4. それでもできないときは解答をチラ見。
  5. どうしても分からないときは質問する。

1周目にできなかった問題だけを普通に解く

まずは1周目にできなかった問題だけをゴリゴリ解いていきましょう。

理解力が高い学生はここで3割ぐらい解けてしまうかもしれません。

ピッコロ
よーし解くぞー!!

 

~5分経過~

 

ピッコロ
うーむ。やっぱり難しいな…。

 

ソロもん
はい、そこでストップ!!すぐに解答を読んでやり方を確認して。
ピッコロ
え?!まだ5分しか経ってないよ?!

 

ソロもん
君の少ない脳でこれ以上考えても時間のムダです。あと1時間考えても何も出てこないよ。
ピッコロ
むむむっ。

5分考えて分からなければ解答を確認する

ピッコロには少しきつい言い方をしましたが、5分考えて分からなければすぐさま解答手順を確認しましょう。

2周目であってもまだまだ定着度は低いからです。30分、1時間考えて効果が出るのは知識と経験が整ってからのお話。

初学者の段階では、無駄なプライドを捨ててすぐに答えを見る。

効率よく吸収していくには、この姿勢が重要です。

ピッコロ
答え見てもいいのか!
なら、次の問題はいきなり答え見てやる。ひひひ。

 

ソロもん
コラ!!
なにしとんねん、このボケカス!!
ピッコロ
え?!答え見ていいって言ったじゃん…。(てか言葉きつすぎない?)

 

ソロもん
いきなり解答見たら効果ゼロ!
5分考えることに意味があるの!
ピッコロ
気難しいやつめ。

答えを見てはいいと言いましたが、何も考えずいきなり見たら効果ゼロです。

集中して5分考えることが重要。なぜなら、5分考えることで問題への愛着がわくようになるからです。

ソロもん
ピッコロ君に質問です。 
ピッコロ
なんでもどうぞ。

 

ソロもん
死ぬほど練習して臨んだ試合でギリギリ負けるのと、 へらへら練習して臨んだ試合でボロ負けするの
どっちが悔しい?
ピッコロ
それはもちろん頑張って負ける方が悔しいです。

 

ソロもん
そうだよね?
何で負けたのか原因を探して次に活かそう!となるはずです。
ピッコロ
確かに!

問題集においても同じことが言えます。

5分だけでも集中して向き合うことで、その問題への悔しさと愛着が湧いてきます。

ピッコロ
くそ!
ここが分かっていなかったのか!
ピッコロ
なるほど!
この公式を使えば解けたのか!

と、感情を伴って解答を見れるようになります。

結果として、自分がつまずいたポイントが立体的に見えるようになるのです。

だからこそ、まずは5分集中して考える。これを徹底してください。

ピッコロ
5分だけなら集中できそうです!

自分の力で解答を再現する

ピッコロ
よしっ、5分考えたし、解答見るか。
ピッコロ
ふむふむ。
なるほどここでこうすれば良かったのか。
ピッコロ
この問題はお腹いっぱいだな。
よし、次に進もう。

 

ソロもん
ちょっと待った!!
ピッコロ
むむむ???

 

ソロもん
もう1つ重要ミッションがあるよ。
ピッコロ
2周目にやること多くないですか?

 

ソロもん
2周目は一番伸びる時期。
ここは頑張りどころだよ。
ピッコロ
しょうがないなぁ。
次は何をすればいいんですか?

 

ソロもん
解答を見て理解したら、その解答を再現してみよう。
ピッコロ
今確認したところですよ!
できるに決まってるじゃないですか!!

 

ソロもん
ならやってごらん。

 

~10分経過~

 

ピッコロ
むむむ。意外と再現できない…。
ソロもん
ほら見ろ。
伸びない人はこの手順を疎かにしているんだ。 ここが一番頭を使って伸びる時なのに。
実にもったいない。

 

ピッコロ
確かに、解答再現するときめちゃくちゃ脳みそ使いました。
ソロもん
でしょ?

5分考えて分からなければ答えを見る。

それで終わってしまっては実にもったいないです。

解答を自分の力で再現できるか、手を動かして確認してみましょう。

やってみれば分かりますが、解答を見た直後でも再現するのは意外と難しいです。しかし、このプロセスが最も成長を実感できるとき。なぜなら、今まで頭の中になかった解答を自分の力で表現できる瞬間だからです。

自転車に初めて乗った時を思い出してください。

お父さん。
お願いだから後ろ離さないでね!
おう、大丈夫。
しっかり持ってるから安心しろ!

 

本当に離さないでね!

 

ん?お父さん?チラっ
 え、お父さんがいない!
もしかして…
僕一人で乗れてる?!

 

お父さん!乗れたよ!
僕、一人で自転車乗れたよ!!
やればできるじゃないか!
さすが俺の息子だ!

という、有名なあのシーンと同じ感覚です。

ピッコロ
いや、例えが長すぎるでしょ…。
しかも、イラスト女の子だし。
ソロもん
ちょうどいいイラストがなかったんだ…。許しておくれ。

問題集の解答は言うなれば補助輪、後ろを支えるお父さんのようなものです。

いつまでも補助輪をつけていては、絶対に一人で乗れるようにはなりません。

解答を見ずに再現するプロセスこそがまさに、 補助輪を外して「独り立ち」をする時なのです。

問題集を閉じて自分の力で解答を再現する。

効率よく実力をつけたければ、この手順を”徹底して”行いましょう!

このプロセスこそが最も実力がつく瞬間です。

それでもできなければ解答をチラ見しながら解く

ピッコロ
解答を熟読したけど、やっぱりまだ再現しきれないな…。どうしよう。
ソロもん
どうしても再現できなかったら、チラ見しながら解いて良いよ。

 

ピッコロ
え?
補助輪に戻ってもいいんですか?!
ソロもん
もちろん。

分からない時は補助輪(解答)の力を借りて、とにかく最後まで解答手順を再現しましょう。

いきなり補助輪なしでスイスイこげる人なんていません。

何度もこけては立ち上がり、時には補助輪に戻り。それを繰り返しながら、ひとりで乗る感覚を磨いていくのです。

どうしても分からなければ、一瞬だけ解答をチラ見してめげずに進んでいきましょう。

今は補助輪がないと辛くても、 3周目にはスイスイと乗りこなせているかもしれません。

解答を見ても分からないときはすぐさま質問する

壁を超える
ソロもん
最後に重要なことをもう1つ。

2周目の段階で解答を理解できないときは、 すぐさま分かる人に質問しましょう。

学校の先生でも友達でも、塾の先生でも構いません。

分からない問題に少ない知識で立ち向かうほど愚かな行為はありません。この段階で考えることは無駄だと理解してください。

最も時間を割くべきは、補助輪なしで乗れるように挑戦することです。

本質を見失わず、分からなけば恥を捨ててどんどん質問しましょう。

ピッコロ
プライドを捨てて、質問の鬼になります!
ソロもん
うん、いい心意気だ!
(ピッコロ君にもプライドあったんだ…。)

問題集の2周目のやり方のまとめ

以上、7周勉強法の2周目のやり方についてお伝えしました。

2周目のキーワード
解答からの独り立ち
2周目のポイント
  • 初見で解けなかった問題を普通に解く。
  • 5分考えて分からなければ解答を見る
  • 自分の力で解答プロセスを再現する
  • できなければチラ見して最後までやり遂げる
  • 分からない問題はすぐに質問!
1周目は挫折しないために適当にやることがポイントでした。

しかし、2周目は解答から独り立ちする時です。

少しキツイかもしれません。
1周目より時間もかかることでしょう。

補助輪を外し、フラフラしながらも進み続ける。

そうやって独り乗りを覚えた先に、想像以上の成長が待っているのです。

絶対に諦めないでください。

2周目を乗り越え、新しい世界が見える喜びを早く味わってほしいです。

ソロもん
それでは、7周勉強法の第3話でお待ちしております。
ピッコロ
君なら絶対にできる!

舞台裏

ソロもん
いや、何どさくさに紛れて最後のかっこいいシーンに登場してんねん。バシっ
ピッコロ
僕も一度でいいからその役やってみたくて…。
ソロもん
まだ君にこの役は早い。
謙虚に修行したまえ。
ピッコロ
ぐぅ…。いつかでっかくなってその役奪ってやる。

 

~ピッコロの挑戦はこれからも続く~

 

関連記事:こちらの記事も読まれています

問題集は7回解け!効率良くシンプルに成績を上げる最強の勉強法!

【高校生向け】参考書は挫折してもいい!0から壁を超える方法とは?

【ありがとう】を5万回唱えると奇跡は起こるのか?【検証結果】

【保存版】勉強をするべきたった1つの理由【選択肢を増やすため】

高校物理は【漆原+名問の森】ルートで無双せよ!【5冊で完結】

理系と文系の年収を徹底比較!【高校生が知っておくべき意外な事実】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です