TOEICリスニングはシャドーイングで無双せよ!【2ヵ月で150点アップ】

shadowing
悩んでる人
  • TOEICのリスニングがどうやっても速すぎて聞き取れない。
  • CDを聞き流ししたり、ディクテーションしたりしてるけど聞き取れる気がしないし。
  • そもそも、練習法が正しいかさえも分からない。

そんな悩めTOEIC学習者に向けて書いた記事です。

りょうま
こんにちは。りょうまです。

僕は4ヶ月間TOEICをガチで勉強して、スコアを530点から930点までアップさせることに成功しました。

しかし、悠々自適にこのスコアを取れたわけではありません。いろんな勉強法に手を出しては失敗し、紆余曲折を経て、なんとか達成しました。

その過程でたくさん遠回りをしたのも事実です。今思えば、「あの練習は無駄だったなー」「もっと早くこれをやっておくべきだったなー」と反省する点がたくさんあります。

結論から言うと、TOEICリスニングの点数を上げるためにはシャドーイングが最強です。

先読みやディクテーションのようなテクニックを一切使わなくても手堅く点数を上げることができます。

僕はシャドーイングを徹底的に極めた結果、2ヵ月間でリスニングスコアを150点アップさせることができました。

これは僕に限った話ではありません。同じ語学学校にいた友人も例外なくスコアが急激にアップしていました。

つまり、シャドーイングをやれば誰でも確実にこれぐらいのスコアを取ることは可能なんです。

ということで今回は、

  • シャドーイングでリスニングスコアが伸びる理由
  • シャドーイングの正しいやり方(導入編)

の2点を分かりやすくお伝えしていきます。

りょうま
この記事を読むのにかかる時間は3分です。それでは早速みていきましょう!

TOEICリスニングの救世主!シャドーイングとはどんなものか?

そもそも、シャドーイングとはなんぞや?という状態の人もいるかと思いますので、簡単にご説明します。

シャドーイングとは、聞こえてきた音をCDより少し遅れて口に出すというリスニング練習法の一種です。

たとえば、こんなイメージ。

Youttubeにも分かりやすい動画がありました↓

お手本の音声を聞いて、少し遅れて声に出している様子が分かるかと思います。

遅れてついていく様子が影に似ていることからシャドーイングと呼ばれています。

ピッコロ
ピーターパンみたいなイメージですね!
ソロもん
まあ、簡単にいうとそんな感じかな。

シャドーイングをやったことがない方は一度そこらへんのCDでチャレンジしてみてください。はっきり言ってくそムズイですよ(笑)

私たちが英語を聞き取れない理由

シャドーイングについてお話する前に、そもそも私たちがなぜ英語を聞き取れないのか、その理由について考えてみます。

ソロもん
なぜ僕たちは英語を聞き取れないのかな?
ピッコロ
そりゃ、日本人だからに決まってるでしょ。普段まったく使わないわけだし…。

 

ソロもん
ちっちっちっ。
相変わらず考察が浅いね。
ピッコロ
ぐぬぬ…。

私たち日本人が英語を聞き取れない明確な原因。それはずばり、

  1. 単語を知らない
  2. 音が一致しない
  3. 英語を英語のまま理解できていない

の3つです。1つずつ詳しくみていきましょう。

単語を知らないから

そもそも単語自体を知らなければ聞き取れるわけがありません。

日本語で考えると分かりやすいです。

普段会話をしていて聞きわなれないワードが出てきたとき、一瞬聞き取れなくなりますよね?

ソロもん
昨日映画を見てたら、部活のシーンが出てきてさー
ピッコロ
うんうん

 

ソロもん
なんかすごくキョウシュウな思いに浸ったよ。
ピッコロ
きょ、きょうしゅう?

 

ソロもん
あ、懐かしいに愁って書いて郷愁ね。
ピッコロ
へぇー、そんな言葉があるのか〜

この場合、ピッコロの辞書に「郷愁」という言葉が無かったために聞き取ることが出来ませんでした。

正確にいうと聞き取れてるのに腑に落ちなかったということです。

英語でも同じことが言えます。音として聞こえていても、その単語の存在を知らなければ絶対に聞き取ることができません。

意外にも語彙力とリスニング力は結びついているというわけです

実際の発音と自分の思う発音が一致していないから

実際の発音とあなたの思う発音が一致していないという場合も聞き取ることはできません。

簡単な例がリンキングによる音の変化です。

たとえば、千原ジュニアが頻用するこのワード。

get away

逃げるという意味をもつ熟語です。

教科書通りにいけば、ゲットアウェイ という発音になるはず。しかし、実際はリンキングにより音が変わるためゲラウェイが正解となります。

このように、私たちの思う発音と実際の発音が異なるというケースは多々あります。

さらに厄介なのが英語独特のリズム。

普通に読めばいいものを、外国人は親の仇のように強弱のリズムをつけます。

一方で日本人の発音は超平坦のっぺらぼう。日本語には感情を表す表現が多いため、過度にリズムをつけて話す必要がないわけです。

この言語間のリズムの違いが英語を聞き取れない最大の原因と言われています。

つまり、英語を聞きとるためには、日本語に染まったリズムを矯正し、英語の周波数に合わせていく努力が必要となるのです。

英語を英語のまま理解できていないから

英吾が聞き取れない理由の3つ目は、「英語を英語のまま理解できていないから。」

つまり、シンプルに速読力が足りてないということです。

リーディングの場合、英語をパートごとに和訳して解くことができますが、リスニングの場合そうとはいきません。問題文が超高速で次から次へと流れてくるからです。

いちいち和訳していたら1秒で取り残されるでしょう。

つまり、英語を英語のまま理解する速読力、もっというなら速解力が必要なのてす。

この力が不足していると、どれだけ単語やリズムを鍛えても聞き取ることはできません。

英語を聞き取るためには、

  • 相応の語彙力
  • 強弱のリズムをつけた音読力
  • 英語を一瞬で理解する速解力

をバランスよく鍛えていく必要があります。

TOEICリスニングにシャドーイングが最強な理由

英語を聞き取るために必要な要素を抑えたところで、いよいよシャドーイングが最強でる理由をお伝えします。

ピッコロ
待ってました!

聞き取れない部分がはっきり分かる

シャドーイングにおいて、自分のリスニング力をごまかすことは絶対にできません。

なぜなら、聞こえた単語を発音しないといけないから。口に出せないということは聞き取れていないことの何よりの証拠です。

プラスの言い方をすれば、聞き取れていない箇所をはっきりと把握できるということです。

ソロもん
これがリスニングの勉強では非常に大切なんです。

ただ問題を解くだけでは多少聞こえてなくても正解しちゃいますからね。たまたま当たることさえもあります。

それに満足して勉強を止めてしまっては、もはや何のためにやっているのか分かりません。

だからこそ、自分の弱点を明確に知れるシャドーイングは超効果的であると言えるのです。

英語特有のリズムが身につく

rhythm
ソロもん
シャドーイングが最強である2つ目の理由。

繰り返し練習することで英語独特のリズムを身につけることができます。

さきほど、聞き取れないのは「リズムを知らないから」だとお伝えしました。

意外に周知されていないことですが、自分で再現できない音は絶対に聞き取れません。自分の中に存在しないため、そもそも周波数が全く合っていないのです。

しかし!

シャドーイングをすると英語独特のリズムを身体で覚えることができます。なぜなら、シャドーイングをしているから。

ピッコロ
なんじゃ、そのふざけた理由は!!
ソロもん
いや、これ以上の理由はありませんよ。

お手本のリズムを少し遅れて口に出す。

最強の矯正法だと思いませんか?

学校で何度もやらされた、リピートアフターミーの上位互換です。お手本の真似をし続けていれば、嫌でも英語独特のリズムに近寄っていきます。

そうなればこったのもの。周波数がぴったり合うので面白いぐらい聞こえるようになります。

そう、シャドーイングは英語のリズムを覚えるのにうってつけの方法なのです。

ピッコロ
シャドーイングってすげぇ!

繰り返し音読する習慣がつく

ソロもん
シャドーイングの威力はこんなもんじゃありません。
ピッコロ
まだあるんですか?!

シャドーイングを練習する過程で、音読する習慣までも身につけることができます。

シャドーイングとは読まれた英文を少し遅れて発音する練習だとお伝えしました。

しかし、いきなりこの動作をやるわけではありません。

事前準備として徹底した音読を繰り返します。なぜなら、その方が圧倒的に力がつくから。

つまり、シャドーイングを練習する過程で自然に音読をする習慣が身につくというわけです。

英語学習における音読の効果を知らない人はいませんよね?

成績を伸ばす一番簡単な方法は、1.音読

というフレーズを一度は聞いたことがあると思います。

東進の某今井先生がおっしゃる通り、音読には

  • 英語のまま理解する能力の向上
  • 長文を爆速で読み上げる速読力の習得
  • 発音やリズムの矯正

など、数え切れないほどの効用があるのです。

シャドーイングの過程で音読の習慣がつき、音読の効果でさまざまな能力が開発される。

つまり、シャドーイングは一石4鳥にも5鳥にもなる素晴らしい方法なのです。

TOEICリスニングを攻略するシャドーイングの具体的なやり方

それでは、シャドーイングのやり方を簡単に説明します。

詳しく説明するとかなりのボリュームになるので、今回は全体の流れだけをザックリ解説します。

TOEICのリスニングパートを勉強する場合の手順です。

  1. 普通に解く
  2. さらに3回聞いて本気で解く
  3. 精読
  4. 音読 10回
  5. テキストを見てシャドーイング3回
  6. テキストを見ずにシャドーイング
  7. できるまで何度もシャドーイング

シャドーイングといってもいきなり始めるわけではありません。

問題演習、精読、音読という下準備をしたうえでようやく取り掛かります。意外にやるべきことが多いですがあまり気負う必要はありません。

まずは1日1文を目標にして気軽に始めてみましょう。

ソロもん
詳しいやり方は次回の記事でお伝えします。

シャドーイングを極めればTOEICリスニングで無双できる!

ヒーロー

以上、リスニングを伸ばすのにシャドーイングが最強である理由をお伝えしました。

  • 絶対にごまかせない
  • 英語特有のリズムが身につく
  • 音読の習慣が身につく

シャドーイングを徹底的に練習することでリスニングに必要なすべての能力をバランスよく伸ばすことができます。

さらに、音読を繰り返すためリーディング力まで身につくというおまけつき。

これ以上においしい方法が他にあるでしょうか?

リスニングのやり方が分からず迷走している方は、とにかくシャドーイングをやり込んでください。

迷う必要はありません。継続さえできれば誰でも確実に本質的なリスニング力を身につけられます。

シャドーイングにより圧倒的な実力をつけて、皆が苦しむ問題をばっさばっさと蹴散らしちゃいましょう!

ソロもん
この記事を読んで、少しでも「シャドーイングをやってみようかな♫」と思っていただければ幸いです。
シャドーイングの練習に最適な一冊
TOEICテスト公式プラクティス リスニング編

関連記事:こちらの記事も読まれています

TOEIC530点の僕が4ヶ月で930点を取った勉強手順まとめ【再現性あり】

【TOEIC】リスニングPart3、4の攻略には7周シャドーイングが最適!

TOEIC初級者が先読みをしてはいけない4つの理由【確実な解き方は?】

【TOEIC】先読みを辞めただけでリスニングの点数が100点伸びた話

全人類が知っておくべき英語力と年収の関係【2倍稼げます】


あらゆる願望を実現!Gメソッド100日体感プログラム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です